読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は雨降る夜を散歩する。

アメリカ大学生の僕が、僕らしさとかっこよさを追究していくブログ。

アメリカでの数学は簡単って聞くけど・・・?

アメリカ大学
 

f:id:black_black225:20161202042304j:plain

 
こんにちは!
 
最近なぜか数学に関する話題を聞くことが多いです。
 
この間は、ある日本人留学生がカレッジの数学の授業を受けるまでの点数が足りないから、と大学準備コースといいましょうか、その中でも一番下のレベルから取らされていて予定通りに卒業できない、取りたい授業も取れずに終わりそう、だと嘆いておりました。
 
その前は同じ数学のクラスの男の子とたまたまジムで会い、ちょうど数学のテストが返ってきた日でもありましたから成績の話となって、僕のグレードを言った途端わからないことだらけだから教えてくれ、と言われ、お互いロビーで勉強しようとしていたものですから、僕のつたない英語で説明してあげました。(理解できたのかしら・・・。
 
 
今回は、このように現地学生も留学生も苦戦する方が多くいるアメリカでの数学に関するお話をしたいと思います。
 


留学には英語同様に、数学も重要だ

大学の授業を受ける前に、必ずプレイスメントテストなるものを受けます。
科目は、英語と数学で、ここで点数をとれないと、いわゆるESLなどの大学準備コースに入れられ、卒業単位、編入単位とはみなされない授業を取らされる羽目になるわけです。
 
実際、同じ時期にきた日本人留学生の何人かが英語同様、数学でも引っかかり大学でのアカデミックのクラスをとれずにいる、という状況です。
卒業、編入単位にならないわけですから、時間とお金が倍にかかるということになります。
 
アカデミックのクラスでもC以上取れないともう一度クラスを取り直す羽目になったりしますから、気は抜けません。
 
 

日本人はじめアジア人には、簡単だって聞くけど・・・?

はっきり言うと、そんなに甘いものではないです。
 
よくこんなことがささやかれています。

日本人からしたら、アメリカでの数学は簡単だ。
日本で赤点取るような人でも、アメリカに来れば8割は確実だ。
 
実際に僕も耳にしましたし、斡旋会社のカウンセラーの方もおっしゃっていました。
 
 
でも実際に来ると、どうだろうか?
当たり前かもしれませんが、まず数学用語がわからないと解けない、という壁にぶち当たります。
単純な計算問題はその手の力を要しませんけど、文章題も普通に出ます。僕もわからない単語が出てきて焦った記憶があります。(ほかの条件を冷静に見て推測して解きました。)
 
ですがそれ以前に、解けないのは自身の実力の部分が大きかったりします
多少わからない単語が出てきても今までの数学の経験があれば推測することは可能です。実際に僕もそれで乗り越えたと思っています。
 
数Ⅲの知識までなくても大体は乗り越えられますが、数Ⅱ・Bまではきっちり勉強しておかなければなりません。
たとえアメリカでも大学だってことをお忘れないよう。
 
 

数Ⅱ・Bまでの基礎を押さえておく

応用力までなくても基礎力さえあれば問題ないです。
実際アカデミックのクラスでも最初に取る授業は基礎重視なので、特に文系のメジャーなどの数学がそこまで必要ない方は基礎さえ押さえておけば十分満点狙える力があります。
 
そこで僕がおすすめするのは、こちらの参考書。

ご存じの方多いとは思いますが、チャートです。種類は豊富ですが、断然青をおすすめします。
青チャートは基礎の基礎からちょっと頭使う応用まで幅広く扱う網羅型の参考書です。
 
これの例題を一回りしておけばだいぶ力がつくと思います。章末問題とかもありますけど、例題、練習問題をやるだけで十分な練習量になります。
 
ちょっと分厚めですけど、中身はかなりかわいくて親切ないいやつです。
 

いかがでしたか?

ちょっと脅すような感じになっちゃいましたけど、数学が大切なのは本当です。

 
アメリカの大学ではたいてい2年はGeneral Educationといって幅広く教養を学ぶのでどのメジャーでも数学は取らされます。
 
数学にがて―って方も基礎をやるだけでもだいぶ変わりますので、だまされたと思ってやってみてください。これは留学だけではなく受験にもテストにも通用する手なので、数学できないって人は基礎を徹底するのがおすすめです。
 
逆に言えば、基礎さえ押さえてあれば簡単に感じることができます。
僕は今数Ⅲの範囲のところの授業をとっていますが、きちんと今まで習った範囲をおさえてあるおかげで、高校時代、文系選択者ではありましたが、滞りなく進めています。
 
 
参考になれば幸いです。
 
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

*おすすめの関連記事3選*