読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は雨降る夜を散歩する。

アメリカ大学生の僕が、僕らしさとかっこよさを追究していくブログ。

ややこしいわ!和製英語には気をつけろ

英語

f:id:black_black225:20161206142900j:plain

 

英語を使う上で厄介なのが、和製英語です。

 

ほぼ同じ意味で使われると勘違いしていて、そのまま使ってしまい全く伝わらなかったという経験を何度もしています。

 

そこで今回はややこしい!と思う和製英語を15個をお届けします。

 

 

 

1.コンセント

実際にやらかしました。笑

本来は、Outlet(米)/Socket(英)というそうです。

 

コンセントの本来の意味は、「同意」です。

 

2.セロハンテープ

これも知りませんでした。

英語だとScotch tapeです。

 

ただ、セロテープはもともとイギリスのセロテープ社がSellotapeを登録商標としていたそうなので、伝わるっちゃ伝わるらしいです。

 

3.サラリーマン

これは有名ですよねー

Office workerって言いましょう。

 

でも、実際使っちゃうってことあるみたいですね。

ビザを取りに面接へ行ったときも、面接官に向かって親の職業を「サラリーマン」と英語で答えている方を何人か見ました。

面接官はわかっていらっしゃるようで「ああ、Office workerね」って感じでしたけど。

 

4.ホッチキス

正しくは、Staplerですよ。

 

これは知っていました!けど、気を抜くとホッチキスって言いそうになります。

ホッチキスは発明者の名前、ベンジャミン・バークリー・ホッチキス氏からきているそうです。

 

5.フロント(受付)

Receptionといいます。

 

渡米してから使いそうで使わなかった表現です。笑

なんとなく勘が働いて、「あれ?和製英語かも」と思い後で調べたら案の定でした。

 

6.ストーブ

え!って感じですけど、これも違います。

Heaterですね。

 

Heaterって聞いたら、「ああ、そうか」と納得するんですけど、ストーブも英語っぽい・・・。

調べてみると、オランダ語からきているそうです。なるほどー

ちなみに、英語だとガスコンロのことをStoveといいます。

 

7.ドライヤー

Hair dryerです。

髪を意味するHairをつけるだけですので、わかるでしょう。

 

ついでに、アイロンもHair ironです。

Styling iron, styler, straightening iron・・・いろいろ呼び方があるみたいですけど。

 

8.レンジ

これも和製英語で、正しくはMicrowaveですね。

 

レンジで温めるは、heat something in the microwave.と表現します。

 

口語的に、「レンジでチンして!」っていうのを、Nuke this とか、Zap thisとも言えるそうです。

 

Nukeは「nuclear(核兵器)」の意味でも使われますが、レンジでチンして調理するという革新的な調理法から、この単語が使われるようになったというようです。(諸説あり)

面白いですねー

 

9.メリット/デメリット

ちょっと驚きですけど、Advantage/disadvantageといいます。

 

メリット/デメリットの本来の意味は「長所」「短所」。

「利益」という意味では使われないんですねー

 

10.フリーサイズ

納得いくような、疑問に思うような。

One-size-fits-allが正解らしいです。

 

ただ、服の表記にFっていうのを見た気がするんで、使わないわけではないかも?

記憶違いでなければ・・・

 

11.チャック

まあ定番と言いましょうか。

Zipperですね、正しくは。

 

ついでに、ファスナーもZipperです。

日本のメーカーの登録商標からきています。

 

12.パーカー

僕も大好きパーカーはパーカーとは言いません。

Hooded sweatshirtと言い、Hoody/Hoodieが一般的な表現だそう。

 

じゃあ、パーカーってどっから来てるの?ってことでさっそく調べてみると、

ロシア北部に住むネネツ人の言葉・ネネツ語で「動物の毛皮で作った上着」を意味するパルカが由来だそう。へー!

 

13.レモンティー

ええー!ありそうなのにーって感じですけど、残念。

Tea with lemonという表現で、レモンティーとなります。

 

同様に、ミルクティーも、Tea with milkですね。

イギリスだと、Teaと言えばミルク入りが一般的だそう。もとは軍隊式だとかそうじゃないとか。

 

14.ガソリンスタンド

Gas station/Petrol stationと言います。

Stationを使うのかーって感じですね。面白い。

 

15.コピーする

印刷する、という意味で使うコピーですが、「印刷する」はPrint it outです。

 

課題提出の際に、パソコンからエッセイをコピーしたいがやり方がわからない、ってなった時に、図書館の事務の方に『Can you tell me how to copy it ?』みたいな感じで聞いたんですね。

 

もうわかりますね。笑

全く伝わりませんでした。後から『print it outだった!』って思い出したんですけど、それも後の祭り。

恥ずかしかったです

 

ついでに言えば、コピー、スキャナー、Faxなどの機能が一体となった複合機は、All-in-one inkjet printerって言うそうです。

 

おまけ:それは伝わるんかーい!

コンタクトレンズは英語でもContact lensです。

めっちゃ和製英語っぽいんですけど、違うんですねー笑

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加しています。よろしければ、クリックお願いします。 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村