読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は雨降る夜を散歩する。

アメリカ大学生の僕が、僕らしさとかっこよさを追究していくブログ。

覚えておけば安心なエッセイに頻繁に使う単語570

f:id:black_black225:20170204105556j:plain

 

エッセイのレベルを上げるのも下げるのも単語である。

エッセイを構成するものとして単語が果たす役割は大きいと感じています。

 

特別難しい単語を使う必要はありません。が、エッセイをランクアップさせるには効果的な単語を使うのが一番の近道です。 

 

そこで今回はエッセイを書くときに参考にしたい頻出単語リストAWLを紹介します。

 

 

 

Academic Word List

Academic Word List、通称AWLというものが存在するのを知っていますか?

最も高い割合で一般的なアカデミックテキストに登場する単語570個のリストのことを指します。

 

AWLは、2000年Averil Coxheadという研究者が350万のコーパスを分析した結果に基づいて作成されています。

 

つまり、この570の単語を押さえておけば、グンとエッセイのレベルを上げることができるようになるのです。

 

 

570個の単語

アルファベット順に並べてあります。

 

f:id:black_black225:20170204093643p:plain

 

f:id:black_black225:20170204093657p:plain

 

f:id:black_black225:20170204093703p:plain

 

f:id:black_black225:20170204093713p:plain

 

大学入試レベルの難しくない単語ばかりなので、そこまで覚えるのに大変な思いをすることはないと思います。

でも、実際に使えているかというと怪しいです。

 

 

Quizet

そこでさらに紹介したいのがQuizetというWEBサイト。

 

f:id:black_black225:20170204094900p:plain

 

フラッシュカードを共有できるサイトです。

 

 

f:id:black_black225:20170204095015p:plain

 

ここにAWLのフラッシュカードがあります。

タダのフラッシュカードと違って、単語を聞いてスペルしたり、テストもできたり、あとちょっとゲームもできます。

 

 

f:id:black_black225:20170204095530p:plain

 

シューティングゲームっぽい。

単語を打ち込んで、隕石を地球に衝突させないようにします。

 

素早く、かつ正しく回答する必要があるので、スペリング、ちょっとしたタイピングの練習にも。

 

f:id:black_black225:20170204095544p:plain

 

間違えるとちょっとした解説つきで、正しくスペリングしなければならないので間違えても覚えやすいと思います。

 

 

WEBサイト:Learning tools & flashcards, for free | Quizlet

AWLフラッシュカード:AWL (Academic Word List) A-Z (英和 全570語) Flashcards | Quizlet

 

 

*おすすめの関連記事3選*