日本人留学生としていつも返答にこまる質問

スポンサー リンク

スポンサーリンク

f:id:black_black225:20161226060101j:plain

 

外の国から来たとなると、やっぱりいろいろ質問したくなるものです。

でも、たいていその返答に困るんです。

 

というわけで、僕が思う、質問されて困るものあげていきたいと思います。

 

 

 

日本とアメリカどっちが好き?

どっちも好きだって答えればいいんですかね?

これを質問してくるアメリカ人は何を望んでいるんでしょう?

 

 

深いところまで考えずに、単純にどっちが好きか考えていっても返答に困ります。

 

日本は生まれてからずっと暮らしてきた母国です。

居心地いいし、ごはんはおいしいし、夜一人で散歩できるくらい治安がいいし・・・。

なにより日本語が通じるし。笑

 

四季色とりどりに姿を変えるところも綺麗です。

遊ぶところもいっぱいあって楽しいです。

家族も親友もいる日本は好きです。

 

結論、日本は好きです。

 

 

アメリカは今まで見てきたものと違うところが多々あります。

 

道路も家もスーパーもとにかく大きい。

肉とかチーズとか食べ物も量が多い。

いろんな人がいて、それ故に人種問題、性問題はめっちゃセンシティブだ。

 

目新しくて、いつもわくわくさせてくれます。

 

チップとかお金のとらえ方も日本とは違っていて、でもチップ文化は気に入っています。

果物も安く、いろんな種類のものが手に入って嬉しい。

街を歩けば知らない人に話しかけて、おしゃべりしちゃうところも楽しい。

ホストファミリーは本当によくしてくれるし、チームメイトも友人もいるアメリカは好きだ。

 

結論、アメリカも好きだと思う。

 

 

どっちも好きなんだけど、日本は母国だからっていうのもあるし、アメリカは目新しいからっていうのもある。

第一アメリカ好きです!って声を大にできるほど、この国をまだ知らない。

 

そう、まだ知らないんですよ。

日本のこともまだまだ知らないところがたくさんあるっていうのに、来て数か月の国が好きだって言えるか?

 

 

まあね、いつもこの質問してきたら、「わからない」って言います。

そして、こう続けるんです。

「アメリカのことまだ全然知らないから。」

 

で、じゃあーーー行こう、---しようって話に持ち込みます。

 

 

日本が恋しい?帰りたいって思う?

別に思わない。

 

日本好きだけど、別に恋しいとか帰りたいとか思わない。

 

この質問をされて、正直に「いや別に」みたいに答えたら「なんで?!」って言われるんですよ。

だからって「さみしい」とか答えたら「そういうものだよねー」って言われるだけですけど。

 

どっちに答えても話がつながらない。

 

面倒極まりないです。

 

 

気分が乗るときだけ「今は特に思わないかなーだってアメリカは目新しくて楽しいから。」って答えますけど、いつまでこう切り抜けられるやら。

 

 

好きな食べ物なに?

聞いてどうする。

 

この手の僕自身に関して聞いてくる質問も苦手です。

食べ物に関したら、お好み焼きがダントツで好きです。でも、お好み焼きって答えて伝わる?

なにそれ?って聞かれて、こういうものって答えて終わる。

 

日本食答えるなら、寿司って答えとけばいいですね。(テキトー)

そんでもし相手も寿司好きだったらごはんに誘えるかも?高いか・・・。

 

 

好きなもの聞くなら、異性のタイプ聞いときゃ盛り上がるでしょ。

これに関したら世界共通な気がする。

嗜好が合うかは別としてね。

 

 

日本ってどんな国?

日本文化はー

日本の食べ物はー

こういう国民性でー

 

みたいに答えれば満足ですか?

 

これも聞いてどうする、って感じですよ。

 

 

日本に興味のある人なら面白いかもしれないけど、正直ネットみりゃ出てくる話。

たいてい質問してくるやつ、特に日本に興味あるわけでもない。

日本に興味なくても、アジアとか海外の文化を知るのがおもしろいって思っている人だったらいいけど、この質問してくる人はあんまり日本に興味ない人。

 

日本に興味ある人だったら、日本のーーーって・・・・・なんでしょ?みたいに具体的な質問してくる。

答えやすいし、ある程度知識もあるから話していて楽。

 

日本ってどんな国なの?って抽象的すぎる。

 

日本がどこにあるのか知らない人もいるしね。

知らないの?って思いましたけどね。

 

 

世界地図くらい頭の中に入ってないのか。

正直常識だと思っていたよ。日本がどこにあるのか別として。

日本は島国だから省かれてもしかたないかも?

 

めっちゃ驚いたのが、日本人留学生同士で話していて、出身どこ?って言われたときに答えたら、どこ?って言われたことだね。

47しかない都道府県くらい覚えとけよ!

聞いたことだけならあるかもしれないーとか言われて正直萎えた。

 

東京出身の人ってもしかして、日本は東京とそれ以外だと思っているの?ってまじめに思ってしまった。

 

 

話はもどして、この手の質問、まじめに日本はーって答えても正直聞いてる方も話している方もつまんないと思う。

僕だって、アメリカは―とか言われて真剣に聞くかと言われたらないと思う。

 

しかも、日本はーとか答えても僕が過ごしてきた国かもしれないけど、僕が育った場所じゃないって感じがする。

 

 

正直に言うと、高校時代こんなバカなことをしたとか、家族と京都に旅行に行った時の話とかもっと個人個人の経験に根付いた話の方が断然おもしろい。

チームメイトに高校のダンスパーティーでこんなことがあったってバカ話されたときはめっちゃ面白かったし。

 

日本はー、アメリカは―って答えなくても人々の生活がちゃんと国の文化に根付いているからそれで十分なんだと思う。

日本がどういう国か知りたきゃググれよな。

 

 

この手の質問をされないために

自分との会話に話題がないから、こういう質問されると思うんです。

 

へーって聞いときゃ場を持たせることができますからね。

 

僕もこの質問されたら、あーわざわざ話題を提供してくれたのかな?って思いますし、第一仲いいならこんな質問しないもの。

仲いいなら相手のことを知れて、かつ自分も一緒に盛り上がれる話をします。

 

上記の質問は僕個人の見解なので、仲いい人同士でも話すことはあるかもしれないですけどね。

 

この手の質問をされないためにはやっぱ互いに共通して盛り上がれる話題を持つことですね。

そうなりゃ楽しいです。