読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は雨降る夜を散歩する。

アメリカ大学生の僕が、僕らしさとかっこよさを追究していくブログ。

日本人留学生の夢!ネイティブに囲まれる留学生活を送るには

f:id:black_black225:20161204132432j:plain

 

海外で日本人以外の友人をつくるのは一種の憧れのようなものがあります。

 

留学生活を思い描く際に、自分がネイティブスピーカーたちと仲良くしているのを想像するのはもはや鉄板とも言えます。

 

でも実際、日本人で固まってしまう、なんてことがよく起こりえます。

今回は少しでも多くのネイティブの友人を増やす方法を3つ紹介します。

 

 

イかした格好をしている人をほめる

アメリカって思った以上に相手をほめます。

 

例えば、カレッジのカフェで座っている人がかわいいアクセサリーをつけていたとしましょう。

そしたら言うんです。

『そのアクセサリーめっちゃ可愛い!あなたに似合ってるし。最高だねー』

 

ほめるものは何でもいいです。

パソコンについてるシールがめっちゃかっこいい人がいて思わず、『それ、かっこいいね。どこで手に入れてるの?』って話しかけたこともあります。

 

僕の一番仲のいい友人も、廊下で彼女から『髪の色綺麗だね。』ってほめられたのがきっかけです。

実はこの方法は彼女の受け売りです。

相手をほめるところから入るのが一番やりやすいそうです。『好印象を与えてくれる、はず』って言っていました。

 

確かに納得。

話しかけたいけどなんて話しかけたらいいのかわからないとき、かなり使えますね。

 

クラスが一緒なら授業のことを話題に話しかける

これはもともと共通の話題があるのでやりやすいですね。

 

教授が課題を出したら『ーーーって言ってたよね?』みたいな確認とか、『ーーーのところ理解できた?』みたいな。

僕自身は授業後教室を出るタイミングで話しかけるのがすごく苦手なので、

少し早めに行って『予習してきたけど、---のところがいまいちなんだよね。』っていう感じの方が好きですね。

 

クラブやサークルに入る

これが一番のおすすめです!

 

特にアスリートとしてのクラブ活動はネイティブスピーカーに囲まれる生活を送れます。

 

僕自身もアスリートですので、いろんなチームと対戦してきて思うのですが、日本人どころかアジア人も全くと言っていいほど見ません。

カレッジのジムでも、一般の人たちがよく利用するスペースの奥にアスリートのロッカーやオフィスがあるのですが、そこでもほとんど見ません。

 

スポーツが得意な人や好きな人にはおすすめです。

クラブがどんな感じなのかは、こちらで書いておりますので、あわせてどうぞ

 

black-black225.hatenablog.com

 

 

サークルに入るのもいいですよ。

アニメ関係のサークルとかは結構日本のものも扱うみたいなので入りやすいかも?

うちのカレッジは学術関係のが多いかなーって印象ですけど、ボランティア関係もありましたし、サマーキャンプが売りだって活動もありました。

 

大学のWelcome week以外はほとんど見ない印象なので、入りたい場合は歓迎会の時にしっかりチェックして興味ある旨を伝えましょう。

 

 

理想の留学生活を手に入れよう!

課題とか英語とか授業とか、結構大変なこと続きの留学生活ですが、友人がいるだけで何倍も楽しい留学生活を送ることができますよ!

 

僕も友人と、彼女おすすめのカフェで紅茶を飲みながら課題をしたりおしゃべりしたりするのが大好きです(・∀・)

留学生同士、日本人同士で友人になるのもいいですが、ネイティブの方とつるんでこそアメリカ文化を大いに楽しめると僕は思っています。

 

以上3つのアドバイスを参考に充実した海外生活を送ってください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加しています。よろしければ、クリックお願いします。 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村